kakiya について

柿屋 イタリアンジュエリーについて イタリアンジュエリーの魅力
Kakiyaの商品について ▲TOPへ
Kakiyaのジュエリーは素材とデザインにこだわった上質なジュエリーを取り扱っております。

弊社は昭和5年創業の老舗宝飾店です。信頼のある取引先との直接交渉により上質なジュエリーを最適な価格でご提供しております。

熟練のスタッフが選ぶこだわりのジュエリーを皆様にお届けします。
イタリアンジュエリーについて ▲TOPへ
ヨーロッパはジュエリー文化が古くから残っています。特に、イタリアはゴールドジュエリー生産国のため、ジュエリーの歴史が長く、紀元前8世紀ごろイタリア北部に住んでいたエトルリア人によって作られたのが始まりと言われています。このエトルリア人の技術や感性はとても素晴らしいもので、洗練された金細工技術が特徴的でした。
その後、ローマ時代に突入し、エトルリア人の作品は次第に少なくなりますが、古来より受け継がれた技術が失われることはありませんでした。また、現在に至っては職人たちの美的センスと技術によって、より素晴らしい作品が数多く誕生しています。

多くの女性を虜にするイタリアンジュエリーは、いつの時代も色褪せることなく、今後も美しい輝きを解き放つことでしょう。
イタリアンジュエリーの魅力 ▲TOPへ
イタリアメーカーの宝飾技術は世界的にもレベルが高いと言われています。オリジナル性が強く、デザインの圧倒的なパワーに魅了される方は多く、装着するとゴージャス感が一気に増します。

イタリアンジュエリーの中でも、アレッツォ、ヴァレンツァ、ヴィチェンツァ、トール・デル・グレコの4大生産地は有名で、地域によって独自のジュエリー文化が根づいています。
●アレッツォ ゴールドジュエリーの古い歴史と伝統のあるエリア。
イタリア全土の半数近くのゴールドジュエリーを生産しており、ジュエリー業界のリーダー的存在のウノアエレ本社があります。
ウノアエレの長い歴史からほかのジュエリー企業が生まれたといっても過言ではないほどの地域。

●ヴァレンツァ 金採集が盛んで金細工の伝統が集まるエリア。
高度なテクニックの手工芸品でゴージャスな作品が多く、貴石・半貴石など石を使ったジュエリーが多い。

●ヴィチェンツァ 地金ものが多いが、ジュエリー以外にもアパレルや皮革製品の産業が多いため製品の種類が豊富で、世界中のジュエラーが集まる展示会の開催地でもある。

●トール・デル・グレコ 世界で採取されるサンゴの90%を加工している。
貝殻や溶岩に彫刻を施す職人技術を持ち、特にシェルカメオは専売特許となっている。
日本の場合「ジュエリーはショッピングに出掛ける時に装着するもの」というイメージが強いですが、イタリアの女性は職場で働く時や家事に専念する時も、当たり前のようにジュエリーを身に着けています。

さらに、イタリアでは小さな子供たちにジュエリーを贈る習慣があります。
年齢に関係なくジュエリーに触れる機会が多いイタリアだからこそ、他にはない個性的なデザインのジュエリーがお楽しみいただけます。
イタリアンジュエリーに関する制度 ▲TOPへ
イタリアでは法律によって、ゴールド・シルバー・プラチナ・パラジウムにIDマーク、および品位マークの刻印を定めています。
IDマークは、製造者または輸入者の登録番号と、所在地である地域の略号を併記するもので、貴金属の計量・検査を行うエリアの度量衡検査局から割り当てられています。
政府の発行する貴金属のIDマークは製造者登録番号を付して刻印されます。